SOD CAFE
“LOVE”や“FREEDOM”で世界は変わらないので、SOD CAFEへ(嘲)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 犬を散歩させていた。
 その頃はそれくらいしかやることがなかった。


 とても天気がいい日だったので、普段は自宅から20メートル四方を離れることはないが、さすがにあそこまで天気がいいと、駅向こうの公園まで足を延ばしてみようかという気にもなる。


 犬のほうは、あんまり乗り気じゃないようだった。
 うちの犬は散歩があまり好きではない。散歩に出かけると、ほんの5分も待たずに家に帰りたがる。
 最近ではわたしのほうがこの犬に、散歩につきあってもらっているようなもんだった。


 うちの犬は和犬系の雑種で、まだらの肌をした、太った、醜い犬だった。
 醜いだけならまだしも、この犬には可愛げというものがまるで欠けている。
 めったに感情を露わにすることはなく、こいつが吠えたり、クンクン甘い声を出したり、ましてやわたしに甘えてくるなどということはこれまでに一度もない。


 どうやら犬はわたしのことを好いていないらしい。
 というか、わたしのことも含めて、世の中のすべてのことに関心がないのだ。
 その点はこの犬はわたし自身によく似ていた。



 だから特に可愛がっている、というわけではないが、ずっと一緒に暮らしている。



 さて、公園の風景はのどかそのものだった。


 空はどこまでも晴れ渡り、太陽はやさしい。ずいぶん緑の目立つようになった桜の木が風に揺れ、まるで全自然が『さあお前、そこらへんのベンチに腰かけて昼寝でもしろ』と、わたしを誘っているようにさえ見えた。


 そんなわけで、わたしはベンチに腰をおろし、ベンチの足に犬のリードを結わえると、くつろげる体勢をとった。
 そんな風に犬を縛りつけて眠るなんてひどいと思うかも知れないが、うちの犬は平気だ。

 
 じっとしてろ、といえば3日間でもそこでじっとしている。動くのが心底嫌いなのだ。
 それに、こんな不細工で汚い犬を盗むようなもの好きがいるはずもない。



 あっという間にわたしはうすい眠りにおちた。


 なんだかいやらしい夢を見たような気がする。
 夢のなかではよくあることだが、数か月前に出て行った女との関係が夢の中ではなぜか理由もなく解消していて、わたしと女は公園のベンチでお互いのそれぞれの性器を、服の上からまさぐりあっていた。


 
 どこかの本で読んだが、われわれ人間はこんなうたた寝のような状況において、入眠直前の風景の中で過ごしている状態を夢に見るらしい。


 夢と事実が違うのは、女がいないだけのことで、眼を醒ますとわたしはしっかり勃起していた。



 と、眼の前で・・・うちの犬が小さなポメラニアンの股間をくんくんと嗅いでいた


 ポメラニアンのリードをたぐるように視線を動かすと、それは小さな手につながっている。

 
 かなりの確率でそのポメラニアンのご主人と思われるその手は、11、2歳の少女のものだった。
 少女は無表情に、自分の犬の股間を、わたしの犬がクンクンと嗅ぐ様を眺めていた。


 ふわりと風が吹いて、少女の短く切りそろえた前髪が揺れた。


 「・・・・」

 わたしは何も言わなかった。少女も、何も言わなかった。
 ただ少女は、犬同士の発情行動に対して、非常に興味を惹かれている様子だった。


 わたしの犬は、執拗にポメラニアンの股間をくんくんと嗅ぎ続ける。


 ポメラニアンは、ときよりうちの犬の鼻先から逃れるように腰をくねらせるが、本気でうちの犬から逃れようとはしていない。
 お互いまんざらでもなく、焦らしあっている最中のようだ。


 「・・・・これって・・・」不意に、少女が呟いた。「・・・赤ちゃんを作ろうとしてるんですよね・・・?」
 「いや」わたしは言った「・・・それは、どうかな。ただ、気持ちよくなりたいだけだよ」


 そう言って、わたしはこんなふうに他人と口を効いたのが、実に3日ぶりであることに気がついた。


 「・・・でも、このまま放っておくと・・・この子たち、コウビをして、赤ちゃんを作るんでしょ?」
 「そう、コウビをする・・・そうそう、コウビをね。そうだよ」



 少女はショートパンツを履いていて、小枝のようにか細い太腿から脛を、露わにしていた。
 足には薄茶色のスニーカーを履いている。
 それにすっぽり隠れるような小さなスニーカーソックスは、彼女の踝までむき出しにしていた。
 彼女の膝小僧は、浅蜊のように小さかった。


 その小さな膝小僧が、居心地悪そうに擦れ合っている。


 「うちの犬は、その・・・この犬が・・・好きなのかな」少女が首を傾げた「今、遭ったばっかりなのに」
 「・・・・どうだろうね。ふしだらな犬だね」わたしは言った「ほんとにメス犬だ」
 「ふしだら?
 「・・・いや、いい。忘れてくれ。ちょっと口が滑った」
 「うちの犬は、ふしだらじゃないですよ。他の犬とは、こんなふうにならないもの」
 「じゃあ・・・一目ぼれしたのかな。まあ、よくあることじゃないかな。大人になればわかるよ」
 「・・・一目ぼれして、コウビしちゃうもんなんですか?」また少女が首を傾げる「じゃあ、うちの犬は、いま、この瞬間は・・・この犬のことが好きなのかな」
 「そうかも知れないね」
 「でも、コウビが終われば、どうなるんだろう。・・・・それでも、うちの犬は、この犬のことをまだ好きなのかな」
 「そうじゃないかも知れないね」
 「・・・コウビって、気持ちいいのかな


 わたしは考えた。
 どうなのだろうか。
 犬たちは交尾で、われわれ人間のように、快感を貪りあっているのだろうか。


 うちの犬は、まだポメラニアンの股間を嗅いで、焦らし続けている。
 ポメラニアンのほうは・・・まだうちの犬を焦らすつもりらしいが、その形ばかりの抵抗もずいぶんおざなりになっているようだ。


 「・・・いや、本能だよ。本能。本能だから、好きとか、そういう問題じゃないのかもしれないね」
 

 わたしは適当なことを言った。


 「・・・楽しくないんですか。コウビって」少女が犬たちの様子を凝視しながら言う「じゃあ、なんでこの子たち、こんなに嬉しそうなのかな」
 「別に、好き同士でなくっても、単純に交尾するのは楽しいんだよ」
 「え、そうなんですか?」
 「ああ、たぶん」わたしは、確信などまるでなく頷いた。
 「好き同士でなくても、コウビはできるんですね」
 「・・・あ、ほら、始まるよ」


 うちの犬が、のっそりと半身を起こし、前足でポメラニアンの腰をとらえた
 ポメラニアンは、前足を伏せ、後ろ脚をつっぱらせて、腰を突き出して・・・・おねだりをするように全身をくねらせている。
 
 ぐいっ、とうちの犬が腰を突き出す。


  「あっ・・・・」少女が薄い唇を開けて、小さな咳のような声を出した。

 
 ぐい、ぐい、ぐい、ぐい、ぐい、ぐい

 「・・・ほら、どうだい。2匹とも、楽しそうだろう。これが、本能だよ」
 「・・・うちの犬、痛がってませんか?」少女が心配そうに囁く「・・・痛くないんですか?・・・コウビって
 「・・・大丈夫だよ。うちの犬はやさしいから。・・・ほら、やさしく腰を使ってるだろ?」



 ぐい、ぐい、ぐい、ぐい、ぐい、ぐい



 「・・・・そうは見えないんですけど。なんか・・・うちの犬、いじめられてるみたい」
 「いや、そんなことはないよ。ごらん」わたしはポメラニアンの顔を指差した「・・・ほら、気持ち良さそうだろ?・・・君の犬は、ちっともいじめられてるなんて思っちゃいない。・・・もっと、もっとって、腰を振ってるだろ?もしいじめられてるとするなら、君の犬はあんなふうに大人しくしてるかい?・・・ほら、ごらん、自分で腰を突き出して、もっとしてほしそうに動かしてるだろ?」
 「・・・そ、そうですね・・・」
 「・・・これが、本能だよ。これが、自然だよ。そしてこれが・・・・」
 「これが・・・?・・・あ、終わった」


 うちの犬がポメラニアンから離れる。
 ポメラニアンはぐったりもせず、少女の脛のあたりに駆け寄ってじゃれつきはじめた。
 うちの犬も当然、ピロートークをしたり煙草を吹かせたりもせず、そのままのっそりとわたしの足もとまで戻り・・・伏せた。


 「・・・これが・・・何ですか?」
 「・・・いや、何でもない。忘れてくれ」


 しばらく少女は、足元でじゃれつくポメラニアンをそのままに、わたしの顔をじっと見ていた。


 「・・・もう行きます。じゃあこれで」
 「ああ、気をつけて」


 少女はポメラニアンを引っ張って、公園の出口の方向へ歩き出した。
 ポメラニアンは少女の足のまわりを駆け回りながら、一緒に去って行った。


 うちの犬を一度も振り返りもしなかった。


 少女もわたしを振り返ることはなかった。
 

 うちの犬は、わたしの足もとで、伏せたまま、じっとしている。

 
 「良かったか?」

 わたしは犬に聞いた。
 犬はわたしを見上げもしなかった。

 「まったく、どんな相手にも股を開くとんでもねえメス犬だったぜ・・・・なあ?」

 犬は伏せたままだった。

 ふわりと風が吹いた。
 

 言うまでもないが、わたしはまだ勃起していた。


 【完】














管理者にだけ表示を許可する

ついったー

やってるゲス

西田・フォン・三郎

Author:西田・フォン・三郎
ウェブログに
人が来るこそ楽しけれ
とはいふものの
お前ではなし(嘲)

最新妄想

おしながき

ばなー

オリヂナルTシャツ販売

買ってね

最新トラックバック

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

押してね

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 イラストブログ 人物イラストへ
人気ブログランキングへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。