SOD CAFE
“LOVE”や“FREEDOM”で世界は変わらないので、SOD CAFEへ(嘲)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 よーしみんな。拍手と野次はそのへんでいいからそろそろはじめようか。
 まず、てめえらが一番聞きたいことを聞かせてやるよ。


 はっきり言おう。

 おれは塾講師で、中学生の教え子とヤった。


 ああ、やったよ。
 やりまくったさ。

 それはあの子がブログに書いていたとおり、皆さんご存知のとおりだよ。


 
 あの子?
 ああ、処女だったよ。
あたりまえだけど、最初だけだぜ。処女なのは。
 なにせ、14歳だからな。
 

 てめえらみたいに一日中ネットばかりやって、ここ数年、口をきいた女はテメエのおかんだけ、ってな類のウジ虫どもが思ってるほど、世の中乱れも狂いもしてねえんだよ。


 ああ、最高だったよ。
 おれだって処女とヤったのはこれがはじめてだからな。
 

 でも、結構大変だったよ。
 なかなか入んなくてさ。
 

 相手も痛がったけど、そこでやめてどうするんだよ。
 なにせ、処女がセックスさせてくれる、つってんだぜ。
 

 おれは全精力を肉棒に集中させて、あの子にぶち込んだよ。
 出血は、想像してみたほどじゃなかったな。


 
 実際、うらやましいだろ。
 あんたもそうだろ?
 処女とセックスしてみたいだろうが。


 おれとあんたは所詮同類なんだよ。
 おれも、あんたと同じで、昔から処女とセックスしたいと願っていた。
 で、おれはファックした。あんたは機会に恵まれてない。
 それだけの話だっての。



 おれとあんたに、道徳的・倫理的な優劣があるか?
 単に、あんたは機会に恵まれてないだけの話だろ。



 当然、向こうがおれとファックしていい、つってるからファックしたんだぜ。
 無理やりファックしたわけじゃない。



 向こうがいい、つってても相手はまだ中学生だろ、ってか。
 あんたは大人なんだからそれりに分別もわきまえてるはずだから自制すべきなんじゃなかったのか、ってか。


 ああ、そうだろうな。


 同じような理由で、日本は真珠湾を攻撃するべきじゃなかったのかもな。

 結果がわかってても、人間やるときはやる。
 正しいかどうかなんて、その場ではちっとも考えないね。

 正しいかどうかなんてこと、後でそれを評価する連中が、嫌でも沸いてきて勝手にしてくれるもんだろ。



 14歳の女の子が、おれみたいな男とセックスしたい、つってんだぜ?
 それもタダで。 
 あんただったら断れるかい?


 絶対断らないだろ。


 おれはガキには興味ないってか?
 ウソつけっての。
 女なんて、若けりゃ若いほどいいに決まってるじゃねーーーか。



 ってか、14歳のガキには人格ってもんがない、とでも思ってやがるのか?
 ウソつけよ。
 あんた14歳の頃、人格なかったかい?


 これはウソじゃないけど、おれは別に、彼女が肉体的に14歳だったから、選り好んでセックスしたわけじゃないぜ。
 言っとくけど、そうじゃない。
 

 14歳の子供が、ようやく芽生えた自我に基づいて、おれと、セックスしてみたい、って意思を示したんだ。
 それが認められないのかい?
 

 認められなきゃそれでいいけど、はっきり言っておれがいちばん興奮させられたのはそこだよ。

 おれはあの子の決断に興奮したんであって、年齢に興奮したんじゃない。


 ああ、はじめてのとき以来、週1回は一緒にホテルに行ったよ。
 そのたびに、やってやってやりまくったね。
 

 なんつっても、そういうことに対する好奇心が旺盛だからな。


 それまであの子の頭の中は、そういうことに関する妄想で満タンになってたんだろうな。
 別に時代のせいでもなんでもないぜ。
 

 これを読んでるあんた、あんたも14歳の頃、そうじゃなかったかい?


 『こうすると気持ち良かったりするんでしょ?
 

 って、まだあどけない少女に言われるとこを想像してみろよ。

 勃つだろ。


 『こうすると、すっごく硬くなるんだ・・・


 って、肩越しに、少女があんたを振り返るんだよ。
 潤んだ、ちょっと熱に浮かされたみたいな調子でな。


 勃つだろ。


 そりゃあまあ、おれも彼女の身体を思いのままに弄んで、身体のすみずみまで舐めまわして、いろんな姿勢をとらせて、いろんないかがわしいことをさせて、あんなことやこんなことまで言わせて、ありとあらゆる方法であの子をイタブリまわしたよ。


 もう、妄想のおもむくままに。


 でもな、あの子もおれと同じだったんだよ。

 自分の妄想を、おれとの行為で思う存分再現したんだよ。


 別にあの子が悪い、つってんじゃないぜ。
 お互い様だった、ってことだよ。




 なんか、おれに聞きたいことないか・・・・?

 あ、そこの最前列でがぶり寄って聞いてる、ブルーのネルシャツの君。
 いいぜ。何でも質問してくれ。

 ・・・何?あの子はおれのことを何て呼んでたってか?

 『先生』に決まってるだろ?

 実際、塾の先生とその教え子なんだからさ。
 なんだ、君。ちょっと鼻がヒクヒクしてるぜ。
 そんなに刺激的だったかな。



 ほかに質問はないか・・・?

 あ、その後ろから3列目の、うす汚れたジャージの君。
 
 あ、いや、お前じゃない。
 もっと汚いジャージを来た、長髪のデブのほうだよ。

 
 ・・・え?彼女はちゃんとイッたかって?


 ああ、おれが丹念にクリトリスを攻めたときはな。



 ほかに質問は・・・?

 はい、その前から2列目の、ドブネズミ色のパーカーの君。
 そう、そうだよ。そのパーカー。あ、黒なの?それ。
 それにしても洗いすぎで色落ちしてるぜ。まあいいや。


 ・・・ああ、こんなことをして、少しも反省してないんですか、ってか?

 少なくとも後悔はしてないね。



 おれは、言っちゃあなんだが、今の君らよりずっとハッピーだぜ。
 

 君らのうち、これから先の人生で、処女の14歳からセックスをせがまれるような幸運に恵まれるような奴はひとりもいないだろう。
 そう、おれと君たちの違い、それは別におれが君らより男前だからでも、おれのほうが人間的に優れているからでも、おれが口が上手いからでも、それからあの子が・・・・特にすけべえで淫乱だからでもない。

 
 まあ君らにしてみれば、そう考えていたほうが幸せなんだろうな。


 おれは単に、ツいてただけだよ
 

 そして、ツキに恵まれたときに、ビビって逃げ出さなかった。

 それがおれと、君らの違いだ。

 



 なんでおれが、世の中からこんなに憎まれなきゃなんないのか、理解に苦しむね。 
 あと、おれがファックしたあの子が、ここまでとやかく言われる理由もわからない。



 おれとあの子がセックスしたからって、君らがセックスに恵まれるチャンスを、すこしでもおれが損なったりしたかな?


 聖書にも書いてあるぜ。

 

 実際に姦淫を犯した者も、単に女を情欲をもって見ただけの者も、同罪だってな。


 じゃあみんな、なんでしないの?(嘲)


【完】














管理者にだけ表示を許可する

ついったー

やってるゲス

西田・フォン・三郎

Author:西田・フォン・三郎
ウェブログに
人が来るこそ楽しけれ
とはいふものの
お前ではなし(嘲)

最新妄想

おしながき

ばなー

オリヂナルTシャツ販売

買ってね

最新トラックバック

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

押してね

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 イラストブログ 人物イラストへ
人気ブログランキングへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。