SOD CAFE
“LOVE”や“FREEDOM”で世界は変わらないので、SOD CAFEへ(嘲)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 以前から疑問に思っていたことがある。

 さいきん、AVをはじめとするありとあらゆるエロ分野ではもはや必須項目になった感さえある、いわゆる『潮吹き』に関してである。

ウィキペディアにおける『潮吹き』の定義は、以下のようなものだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BD%AE%E5%90%B9%E3%81%8D_(%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%AB%E3%83%88)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

英語では、Squirting又はFemale ejaculationすなわち女性の射精と呼ぶ。

1944年、ドイツの産婦人科医であるエルンスト・グレフェンベルグらが、膣前壁の尿道の内側表面つたいにある性欲を喚起する場所と表現する部位を発見し、1950年に論文発表した。この時、その部位を刺激しオーガズムに達すると膣口から出る粘液が人によっては10cmほど飛ぶ事も有ると述べられた事から、グレフェンベルグの頭文字を取ってその部位はGスポットと呼ばれる様になり、女性の射精説が誕生した。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 ……さて、最近のアダルトコンテンツ、特にAVの世界においては、この潮吹き作業はまるで入浴の前のかかり湯くらいに当然の工程として提示されている場合が多い。

 男優が手のひらを上にし、中指(薬指が併用される)を女性の膣内に深く挿入。
 激しく前後運動、上下運動をたくみに、荒々しく行うことにより、対象女性は激しく反応し、身悶える。


 「いやっ、だめっ、そこっ、あっ……あっ…あっ……あああ~……あ……はぁ……


 みたいな感じで女性が全身を脱力させると同時に、女性の膣内から噴出した(らしい)一見尿のような、サラッとした感じの液体が噴出し、まるでスピルバーグの映画『プライベート・ライアン』冒頭におけるオマハビーチでの激戦で被弾した兵士の体から飛び散る血しぶきのように、アオリで女性の痴態を捉えていたカメラのファインダーに、液体が飛びかかる。


 すさまじい演出効果である。

 将来的に『3DAV』のようなものが発明されたら、当然のようにこの液体が鑑賞者の顔目掛けて勢いよく飛んでくるのであろう。

 
 そうして『潮吹き』を終えた女性は、いかにも茫然自失、という感じになってベッドやら床やらにへたり込む。



 さて、こうしたシーンが主要なポルノ鑑賞者であるところの男性を過剰に刺激するのは何故だろうか……?


 それはつまり、女性の『潮吹き』が、女性のオルガスムスにおける『絶頂感』を視覚的に表現し、それが男性のオルガスムス時の身体反応……つまり『射精』をアホでもわかるように連想させるからであろう。


 果たして、いわゆる『潮吹き』というものがすべての女性に起こりうる身体反応なのか、というかむしろ、その反応がオルガスムスを意味しているのか、という点においては大いに疑問がある。



 もしこういうことを真面目に議論している人々がいるならば、とことん論議してほしい。
 語りつくせないことは、語り続けなければならない。


 さて、そうした女性側の真実はともあれ、女性を激しく指攻めして潮を吹かせたい、という男の願望はつまり、自らの性器への刺激から得られる快感と絶頂を、女性の肉体を用いて再現し、同じような絶頂感を女性とともに分かち合いたい、という男性の複雑な性的アプローチのたまものであるといえる。


 つまりすべての男は、当然のことながら、自分の体のように女性の体を理解しているわけではない。


 セックスにおける愛撫で、女性がどのように反応するのか、どのように絶頂を迎えるのか、については、自らの普段感じている男性の肉体における快楽のあり方をもとに、想像するしかないのである。


 女性に潮を吹かせたい、と願う男性はつまり、女性の肉体を『基本的には男性の肉体とそう変わらないものだ』という認識のもと、自らが感じる至上の快楽である『射精』から得られる快感を、女性が『潮吹き』によって得られると考える。


 ってーか、そういう男はこう考える。

 男も女もしょせんは同じなのだから、どこか一箇所、性感の中枢となる部位が存在するはずであり、そこに対する集中的で執拗な刺激を加えることによって、いかなる女性も絶頂を迎えるにちがいない。いや、そうでないとおかしい、と。


 実はこれは、男の性感が(女性から見れば)大変奇妙節操がないものであることに起因している。


 男性の場合、陰茎への刺激はいかなる場合においても……機能的に問題のある人は除くとして……感覚として無批判に、かつ無条件に、性的快楽として変換される。
 これは嘘ではない。
 
 ちんこを他者からしごかれると、その相手が誰であろうと、その状況がいかなるものであろうと、男は性的に反応する。

 
 別に村上龍ではないので、すべての男が消耗品だ、などと大上段に構えて述べるわけではないが、これは男という生物の、悲しい事実である。


 そして、そのまま刺激を与え続ければ(性的なコンディションが良い人間であればなおさら)、尿道からカウパー氏腺液があふれ(いわゆる、なんだかんだ言ってこんなに濡れてるじゃねえか状態)、そのままさらに続ければ確実に射精する。





 そのことで、どうしても書いておきたいことがある。

 わたしがまだ何もしらない中学1年生の少年だったときの話だ。

 クラスメイトのイイヅカ君から、奇妙な相談をされたのだ。


 イイヅカ君は、非常にやんちゃで、子どもっぽいところもあるが、気のいい、明るい少年だった。
 しかしその朝、彼はものすごく沈んでいた。
 どうしたんだ、と問いかけたわたしに、イイヅカ君は驚くべき告白をした。


 「西田、お前……電車で痴漢に遭うたこと……ある?」
 「……ええ?」
 
 彼は非常に真剣だった。いつものおちゃらけた雰囲気は、影すら見えない。

 「……ここんとこ……毎日遭うんや……朝……電車で、毎日おんなじ奴に」
 「え、それってあれか、いわゆる、『痴女』っちゅうやつか?」
 「……それが……おっさんやねん。ふつうの、デブで、加齢臭バリバリの、汚いおっさん」
 「……えええ?」

 なんとまあ……どちらかといえば女性的で、女子に、それも上級生の女子生徒から人気があった美少年のわたしならまだしも、彼のようにいかにも『オトコノコ』的な少年が、そんな憂き目に遭うとは。
 
 ホモの痴漢のうわさは聞いたことがあったが、まさかこんなに身近な話として聞くことになるとは。

 「……でも、犯人わかってるんやろ?……駅員に突き出し立ったらええやん……」


 いつも元気でやんちゃなイイヅカ君のことだ。
 まさかデブで加齢臭バリバリの中年オヤジのことが怖い、なんてことはあるまい。
 

 ……いや、まてよ。
 そうではないのかも。

 わたしは自分の身に置き換えて考えてみた。
 突然、満員電車で痴漢行為をはたらいてくる変態男。
 男が怖いというよりも、その変態男が何を求めているのか、それを想像すると不気味である……相手は同性の少年だ。
 男が究極的に求めているものは、一体なんなのか。


 ……それを考えると……なぜか心なし……わたしの股間もムズムズしてきた。

 「そんなん簡単に言うけど……実際されてみたら、めちゃくちゃ恥ずかしいし、大きな声なんか出されへんわ。……そしたらおっさん、だんだん調子に乗ってきよって……」
 「何されたん?」完全に純粋な好奇心で、わたしは聞いた。
 「……チャック……下ろされて………ズボンの中に手入れてきた………」
 「え???……直に、ちゅうことか?」
 「いや……最初のうちは……パンツの上からやったんや……こりゃヤバイ、あかん、大声出して、助けを求めんとヤバい……思たよ、そりゃ。でもなんか、もうすでにチャック下ろされて、ズボンの中に手突っ込まれてるわけやん?……なんかそんなんされてんの、人に見られるん、めちゃ恥ずかしいやろ?………それに………」
 「それに?」
 「これ、ほんま、誰にも言わんといてくれよ。お前やから話すんやぞ。絶対秘密やぞ」
 イイヅカ君は、真剣だっただった。

 「言わへんよ。誰にも言うかいな……」
 「……俺な、なんかへんな気分になってきて……このままおっさん放っといたら、一体どこまでしよるんやろう、って……なんかへんな好奇心がわいてきたんや……いや、自分でもおかしかったんやと思ってる。充分わかってるけどな……なあ西田、自分のことに置き換えて考えてみてくれ……なあ、お前やったらどうする?」
 

 「……お、俺は……」
 すでにその時点で、ゆるく勃起していた。
 断じてわたしは、イイヅカ君に同性愛的な感情を抱いていたわけではない。
 想像力が豊か過ぎただけだ。


 「……それで、あえて、あえてもう、なんでもないふりして、おっさんの事、無視しとったんや……そしたら……おっさんの手が……パンツの上のゴムのほうから中に……」
 「え……………つまり………直で来られたんか?」
 「そう、直や。しっかり、がっしりと握られた……おれ、めちゃくちゃ恥ずかしいけど……その時点で、かなりギンギンやったんや。自分でも信じられへんけど……」


 イイヅカ君の顔は紅潮し、目は充血していた。
 わたしが告解師でもあるかのように、彼が言葉を続ける。
 告解師であるわたしの勃起は、ごまかせないくらいになっていた。
 鼻息も、荒くなっていた。


 「はじめて……はじめて人に握られると……あんなに感じが違うもんなんやなあ……なんか、気持ちええというか、痛いくらいやった。腰ぜんたいが、じ~んと痺れてきて……頭の中がグラグラ回ってきて……それからは……ゆっくり……ゆっくり……なんかめちゃくちゃ焦らすみたいに……こってりしごかれた……特急電車やったしな……なかなか駅につかへんから、ほんま、10分くらいは……シコられてたと思う……なんか……先走りが垂れてきて……それを……ちんぽ全体に塗り広げられて……くちゃ、くちゃ、って……音までしてくるし……」
 「で、最終的に、イってもうたわけか?」

 もう少しましな聞きようもあったろうが、何せわたしも中学一年生だった。

 「……我慢したよ……めちゃくちゃ我慢した……あかん、ここでイってもうたら、俺もうおしまいや……なにがあってもイってもうたらあかん……って……歯くいしばって、つま先踏みしめて、ひたすら耐えたわ……でも……わかるか?……そんなふうにわけのわからんオヤジにシコられて、ああ、あかん、イったらあかん、って自分に言い聞かせたら言い聞かせるほど……ますます全身が痺れてきて……俺、あのときばかりは神に祈ったわ」

 「神に?」うちの中学は、私学でキリスト教系だった。

 「神様、お願いやから、イかせんといてください……ぼくにイくのを我慢する力をください……いま、その力をくれたら……一生を神様に捧げます……って……おれ、いつも宗教の時間は寝てて、ぜんぜん関心ないけど……あんなときばかりは、神様に頼ってまうもんやな……でも……あかんかった……神はおらんかった

 「つまり……」わたしは唾を飲み込んで、声を整えた「イってもたというわけか」

 「ああ、あんなに我慢させられて、イったんは始めてやった……ものすごい量が出たわ……パンツが、グショグショになるくらいに……電車が駅についたら、慌てておっさんツキどばして、駅のトイレに駆け込んだわ……パンツ脱いで、捨てるためにな」
 「っちゅうことは……お前今、ノーパンなんか」
 「そうや……でも、パンツ脱いでびっくりしたんやけど………パンツの中に……これが入ってた」

 
 そういって、イイヅカ君は……ビニールの小袋に入った五千円札を見せてくれた。
 




 これはあくまで、わたしが彼から聞いた話であって、ほんとうのことかどうかはわからない。


 しかし……わたしはいまだにAVで潮を吹かされる女性を見るのが好きである。
 そして、それを見るたびに、イイヅカ君のことを思い出す。


 これらのことはまったく関係がないのかもしれない。

 あるいは、何か深いところでつながっているのかもしれない。


 愛と肉欲のように。
 慈しみと憎しみのように。


【完】














管理者にだけ表示を許可する

ついったー

やってるゲス

西田・フォン・三郎

Author:西田・フォン・三郎
ウェブログに
人が来るこそ楽しけれ
とはいふものの
お前ではなし(嘲)

最新妄想

おしながき

ばなー

オリヂナルTシャツ販売

買ってね

最新トラックバック

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

押してね

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 イラストブログ 人物イラストへ
人気ブログランキングへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。